かごしま有機生産組合は、有機農業と自然生態系に調和した生き方、暮らし方を地域に広げていこうと願う人々の集まりです。

お知らせ

30周年を迎えて

わたしたちのめざしたところ

           すべての町に有機の仲間を

 

 先日は私たちの組合創立30周年祝賀会に、有機農業4団体の代表、九州各県の代表の方々、さらには長年にわたり支えていただきました地域の先達の皆様、鹿児島有機農業研究会やかごしま食を語る会などの方々、そしてお取引先の皆様など、全国各地より多数ご参列いただきまことにありがとうございました。生産者、職員一同心より御礼申し上げます。

 さて、かごしま有機生産組合は今から30年前の1984年春、誕生しました。当時は高度経済成長の弊害が水俣病をはじめとする各種の公害の多発という形で顕在化してきた時代でした。わたしたちは10人の仲間で集まり、食と農の原点に立ち返り、暮らしを見直す有機農業運動に取り組むことにしました。

 スタートした当初は、満足な野菜も作れず、病虫害にも悩まされました。農薬や化学肥料を使わず野菜ができるはずがない、といった誹謗中傷も今では懐かしい思い出です。

 しかしながら、自然の力を信じ、有機農業こそが当たり前の農業、だれもが喜ぶ農業、未来に続く農業と信じ、台風や大雨等の自然災害にも翻弄されながら、愚直に進んできました。10人からのスタートでしたが、30年の時を重ね160人の同志と出会うことができました。

 この30年、ともに苦難の道を歩んでくれた同志の皆さん、販売面で支えていただいた数多くのお取引先の皆さん、そしてすべての裏方として実務に精進していただいた職員の皆さんのおかげです。すべての方に心より感謝申しあげます。

 30年前に掲げた目標は、県内すべての町に有機の仲間を、でした。有機農業は普通の農業、当たり前の農業、だれもが楽しく元気に取り組める農業、と考え、地域ぐるみで取り組もうと努力してきました。

 今、ほぼすべての町に有機の仲間が誕生してきています。うれしい限りです。次なる目標は未来を切り開く農業、1000年続く農業です。皆様の変わらぬご支援ご協力を心からお願いする次第です。

 

かごしま有機生産組合

代表  大和田 世志人

 

このページのTOPへ